テレスコープシステムという入れ歯の種類、メリット、費用は?

テレスコープシステムの入れ歯をご存じということは、入れ歯について詳しい知識をお持ちの方や、どの入れ歯にしようかお悩みの方、精密な入れ歯を作りたい、というご希望をお持ちの方かと思います。

今回の記事ではテレスコープシステムの入れ歯についてご紹介してまいります。

テレスコープシステムには3種類ある

テレスコープシステムによる入れ歯でよく使われるものは3種類あります。

・リーゲルテレスコープ
・レジリエンツテレスコープ
・コーヌステレスコープ

です。

どのようなお口の状態なのかを検査してから、3種類のテレスコープを使い分けていきます。

それぞれの種類に適応する歯の状態(代表的な物)別にテレスコープシステムの種類を紹介していきます。

リーゲルテレスコープ

片方の奥歯が抜けていて、後ろには歯が残っていない状態の方はリーゲルテレスコープが良いです。

リーゲルテレスコープは自分の歯を利用して入れ歯に鍵をかけて固定します。鍵を外せば自由に取り外せて鍵をかければ固定されます。

鍵の部分は見えない所に作るので入れ歯の様な見た目になりません。
入れ歯を支える歯に負担を少なくするのが特徴です。

レジリエンツテレスコープ

自分の歯がほとんど使えずに3本ぐらいしか残せない方、歯の状態が悪く他のテレスコープシステムが使えない方はレジリエンツテレスコープが良いです。

レジリエンツテレスコープは総義歯と同じ形態で、歯で入れ歯を支えるのではなくお口の粘膜で支えます。

歯は入れ歯に覆われます。歯には噛んだ時に入れ歯が沈み込む分だけ入れ歯との間に隙間があり、噛む力から歯を守りながら入れ歯の横揺れを防ぎます。自分の歯を少しでも残したい方におすすめできるのが特徴です。

コーヌステレスコープ

コーヌステレスコープはほとんどの場合にできますが、歯の本数や位置で適さないことがあります。

また原則として生きている歯には使えますが神経処置をした歯には使えません。

コーヌステレスコープは入れ歯を支える歯にくさびの効果を利用して入れ歯をフィットさせるのが特徴です。例えるなら茶筒と同じ原理で固定します。

テレスコープシステムの入れ歯のメリット

テレスコープシステムの入れ歯全般の構造は、入れ歯を支える歯に被せる内冠と入れ歯に付いている外冠がそれぞれフィットします。

ここではすべてのテレスコープに共通するメリットをご紹介します。

他の歯への影響が少ない

他の歯への影響が少ないというのは、お口の健康を保っていく中でもとても重要なことですので一番初めにご紹介させていただきます。

保険の入れ歯を使っていると、バネをかけたことによって、入れ歯の隣の歯に負担がかかり、その影響で隣の歯が次々に抜けていってしまいます。

インプラントは、やはり天然歯と比べてしまうと弱いため、他の歯に負荷を担ってもらう設計になることが多いです。そのため、まわりの天然歯がダメになっていってしまう可能性があります。

テレスコープの場合、全体の歯を使って支え、トータルで成り立たせているため、他の歯への影響を最小限に抑えることができます。

残っている天然歯をどんどんなくしていってしまうのではなく、残っている天然歯をできるだけ残していくための治療を選択できるのがテレスコープシステムの強みです。

汚れがつきにくい

まず、よく知られていませんが、入れ歯のピンクの部分、ここの密度が全く違います。(目では見えませんが、保険の入れ歯は目が粗いです。)

かつピンク部分の表面(研磨面と言われます)も精度が高く、滑らかに作られています。※歯科技工士さんとの連携、技術による部分もあります

そのため、菌が表面に入りにくく、汚れがつきにくい状態になっていると言えます。
入れ歯の中で一番汚れがつきやすいピンクの部分に汚れがつきにくい、というのは入れ歯のメンテナンスをする上ですごく大事になります。

汚れてしまった入れ歯を使う場合、食事の時に食べ物といっしょに菌を飲み込んでしまっている状態とも言えます。身体が弱っている場合は、その菌に対処できず、誤嚥性肺炎などを引き起こしてしまう可能性も出てきます。

⇒当院では定期的な入れ歯のクリーニング、コーティングをおすすめしております

普段磨く時に取り外しが必要にはなりますが、インプラントのように必ず通院しないとクリーニングが難しい、ということはありません。

3種類の中から最適なものを選んで対応できる

テレスコープの中で一番有名なものはコーヌステレスコープですが、実際は3種類のテレスコープがあり、各種類でフィットの度合いが違ったり、方法に違いがあります。

そのため、お口の状態によりテレスコープシステムを使い分ける形になります。

コーヌステレスコープ、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープの中から最適な手法を患者様に提供できることもテレスコープシステムのメリットと言えるでしょう。

見た目がきれい

従来の入れ歯のような「明らかに入れ歯」という印象をかなり薄くすることが可能です。
ほとんどの場合、気づかれないと言っていいでしょう。

寝る時も外さなくてよい

テレスコープの入れ歯は装着したまま寝ることができます。保険の入れ歯の場合、気持ち悪くて外してしまう方が多いかと思いますが、テレスコープの入れ歯はフィットしているため違和感なく過ごすことができるのです。

外さなくていいというのもメリットですが、それに加えて寝ている時に入れ歯を付けていることのメリットもありますのでご紹介しましょう。

お口の中に歯がない部分があるとその部分に刺激がいかず、その周辺がどんどん萎縮していってしまいます。
そのため、口周りの筋肉がなくなることで顔貌(顔の見た目)が変わったり、ほうれい線が出てきてしまう可能性もあります。

さらにはお口に刺激がないと、唾液も出てこなくなります。口が乾燥し、菌が繁殖しやすい状況ができてしまう可能性が高まります。

寝る時に外さなくてよい、というのはなかなか気づかきにくいですが大きなメリットがあるのです。

修理しやすい

インプラントの場合、埋めた後に何かトラブルがあったり、歯が抜けてしまったときには「また手術をするのか、、」という大きな話になったりしてしまいがちです。

そして保険の入れ歯の場合も、簡単に修理ができるものの一度壊れてしまったものは修理をしてもまたすぐダメになってしまうため、また次に壊れるまでの時間稼ぎのような修理しかできないでしょう。そのため、再度作成する、ということがほとんどです。

テレスコープの場合、そもそも壊れにくい設計にもなっていますが、万が一歯が抜けてしまった場合も歯を埋める対応などをすれば、負担を少なく対応することが可能です。修理の手間や負担を軽減できるというのもテレスコープシステムのメリットと言えます。

テレスコープシステムの入れ歯の値段

テレスコープシステムによる入れ歯は、患者様のお口の状態に合わせて制作するオーダーメイドの入れ歯なため、一概に料金をお伝えしづらく目安となりますが、

・リーゲルテレスコープ:80万円〜
・レジリエンツテレスコープ:150万円〜
・コーヌステレスコープ:150万円〜

となります。(価格は税抜き)

テレスコープシステムの入れ歯について説明してきましたが、広くに知られている治療ではないため、まだまだご不明な点もあるかと思います。
そのため、当院では入れ歯の無料相談を受け付けております。

テレスコープシステムにご興味をお持ちの方は、まずはお気軽にご相談いただき、気になる点などをお聞きいただければと思います。

⇒入れ歯無料相談のお申し込みはこちら

⇒入れ歯無料相談の詳細はこちら

ご相談お待ちしております。

⇒当院の部分入れ歯治療の詳細はこちら

神奈川県茅ヶ崎市 岩田歯科医院 岩田直之

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日