総入れ歯

超高齢化社会を迎えるにあたって、当院でも総入れ歯をご希望される患者様が増えてきています。

平均寿命が伸びることによって、噛める歯の重要性や、よい入れ歯を長く使うことのメリットも増えてきているのではないかと考えています。

岩田歯科医院では、精度の高い、よく噛める総入れ歯を提供します。

咬み合わせを忠実に再現。お口にフィットし、よく噛める総入れ歯

総入れ歯は入れ歯の中でも最も難しい治療です。それはなぜでしょうか?

歯がなくなると顎の骨がやせてしまいます。お口の周りの筋肉や舌は支えがなくなるので、お口の中のスペースが減ってしまいます。

そういう状態のお口の中を正確に型取りするのは、かなり困難な作業になります。

正確に型取りができない場合、でき上がってくる入れ歯は結果的に小さいものになってしまい、お口にフィットしにくい場合が多くなります。

他医院で総入れ歯の治療をされた患者様を初診で見る時に、お口を見せてもらうと、明らかにまっすぐになっていない入れ歯を入れている患者様もいらっしゃるほどです。

保険の総入れ歯についての当院の考え

保険の総入れ歯で、咬み合わせや機能を成立させることができるのか?

保険の入れ歯は上下の顎の型を別々に取るので、入れ歯を上下別々に作ることになります。(ほとんどの患者様はその方法で作られたかと思います)さらにこの際、お口の中の型取りで歯科医師がぐっと押す力が加わってしまうため、お口の本来の形を得ることが難しくなります。

そのため、咬み合わせにも当然ズレが生じてきます。入れ歯の形と咬み合わせをフィットさせるのはかなり厳しいと言えます。

よって、保険の入れ歯では、動きやすい、外れやすい、というのも仕方ないということになってしまいます。

咬み合わせが合いにくい保険の総入れ歯は、割れて壊れてしまう

保険の総入れ歯の場合、材料も劣化しやすいものなので壊れやすいという理由もありますが、上記のように咬み合わせにズレが生じてしまう可能性が高いため、どうしても一部分に負荷がかかりやすくなります。

そのため、入れ歯が壊れやすくなってしまうことが多くなります。同様に、壊れるまではいかなくとも、入れ歯がすり減ってしまうこともあります。

当院の提供する、よく噛める総入れ歯

咬み合わせの再現度が高い“上下顎同時印象法”を使った自費の総入れ歯

自費の総入れ歯には方法や材料に制限がないので、自由に作ることができます。

さらに当院の場合、上下の入れ歯を同時に型取りする方法を採用しており、患者様のお口の中の筋肉や舌、唇などの状態を再現できます。咬み合わせも一緒に記録できます。自費の総入れ歯の中でも高度な技術を要する、“上下顎同時印象法”と呼ばれるものです。

これにより、入れ歯の人工歯がバランスの良い理想的な位置に並べられ、患者様のお口の中でフィットしやすくなります。

色々な考えはありますが、総入れ歯はもともとかなり治療技術のハードルが高いので、少しでも良いものを望まれるなら自費で作った方が良いものができやすいと言えるでしょう。

歯科技工士と密に連携し、スムーズな総入れ歯制作を実現

入れ歯の作成には、歯科医師だけでなく歯科技工士との連携が欠かせません。

作成にあたり、各作業工程で情報の共有や確認作業が行えることによって、入れ歯の精度を上げられます。

岩田歯科医院では入れ歯専門の歯科技工士と共同作業で入れ歯を仕上げています。毎月研修会で一緒に勉強しており、患者様に最善の治療を提供するという、同じ志を持った歯科技工士達なのでスムーズに連携ができます。 連携している歯科技工士はこちら

総入れ歯の種類について

自費の総入れ歯と保険適用の総入れ歯とに分かれます。当院でおすすめしているのは自費の総入れ歯です。

自費の入れ歯では金属のプレートを使用した金属床が有名です。金属床は色々な種類があります。貴金属、チタン、コバルトクロームなどが一般的です。

岩田歯科医院の総入れ歯に使用する金属

ゴールド、チタン、コバルトクロームなどの金属を使用しています。それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。

ゴールドの金属床の総入れ歯

ゴールドのメリットは熱の伝導に優れ、腐食・変色に強く、アレルギーも出にくい性質があります。
デメリットは重厚感があり重くなることです。

チタンの金属床の総入れ歯

チタンのメリットは腐食に強くて比重が軽いことです。またアレルギーを起こしにくいです。
デメリットは柔らかくて壊れやすいことです。

コバルトクロームの金属床の総入れ歯

コバルトクロームのメリットは、丈夫なので薄くできて応用が効くことです。
デメリットは素材が硬すぎて調整をしにくいことです。

岩田歯科おすすめの総入れ歯の値段

片顎(上顎か下顎のどちらかひとつ)

50万円~100万円

上下顎両方

100万円~200万円
※別途消費税がかかります

お値段の考え方について

保険の総入れ歯と比較して、値段だけを見ると高いように感じられるかもしれません。
一方で、以下のようなことを考慮していただくと自費の入れ歯の重要性についてもご考慮いただく一助となるかと思います。

  • 入れ歯のメンテナンスをすることで長く使うことができる
    -保険の総入れ歯はこわれてしまうことが多く、何度も作り替えなくてはならない
    -そのため何度も通院が必要になり、時間(手間)がかかる上に、最終的に総入れ歯の費用を上回る可能性も出てくる
  • フィットする、噛める総入れ歯を快適に使うことができる
    -保険の入れ歯は咬み合わせを考慮できず、フィットする入れ歯を作ることが難しい
    -そのため、日々の生活の中で不具合を感じながら過ごさなくてはならないことが多い
このあたりの考え方をご理解いただけると、当院の自費の総入れ歯をおすすめすることができるかと思います。

総入れ歯の無料相談を受け付けております

以上のように、総入れ歯の治療方法にはいろいろありますが、それらのメリット、デメリットをご理解いただいたうえで治療を受けていただくことをおすすめしております。

当院では総入れ歯の無料相談をしております。総入れ歯についてのお悩みや疑問などお気軽にご相談ください。
入れ歯の無料相談のお申し込みはこちら 入れ歯の無料相談の詳細はこちら

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日
院長ブログ