当院の入れ歯治療について

みなさまの中で、保険で作った入れ歯が合わなかった、という経験はないでしょうか?
入れ歯がフィットしない理由はいったい何なのでしょうか。

当院では、そこに入れ歯治療の原点があると考えております。

入れ歯がフィットしない理由は?

実はその原因は、咬み合わせを考慮して入れ歯を制作できていないことにあります。

歯科医師がいくら丁寧に入れ歯を作ったとしても、咬み合わせがガタガタしたところにフィットさせるのは難しいことです。さらに、仮に一時的にフィットできたとしても、それを長い間使い続けるのはもっと難しいことなのです。

このようなことがなぜ起こってしまうのかというと、保険での入れ歯治療の場合、設計や材料に制限があり、咬み合わせを整える治療ができない、というのが原因です。費用も時間もかけられませんので、選択肢が少ないというデメリットもあります。

フィットする入れ歯を作りたい場合、単に入れ歯の形だけの話ではなく、お口の中の咬み合わせ全体を見た治療が必要になると当院は考えております。

咬み合わせは歯科治療の根本

歯科治療において、咬み合わせは(入れ歯治療に限らず)すべての根本にあるべきものです。

しかし、咬み合わせについては大学のカリキュラムに入っていないため、しっかりと学ぶ機会がありません。保険治療がメインなので、大学では教えられないのが現実なのです。

理論や技術は歯科大学を卒業後に、自分で学びに行かなくてはなりません。
保険の入れ歯治療の場合、咬み合わせを学ぶ必要が少ないため、咬み合わせについての理解が薄いという場合も少なくありません。

当院では咬み合わせを熟知した専門の歯科医師(院長)がすべての入れ歯治療に対応しますのでご安心ください。

入れ歯の治療をご検討される場合・・・

治療方法をご検討される際は、当院ではまず咬み合わせのチェックをすることをおすすめしております。逆に言うと、このチェックを行わない限り、最善の治療の提供は難しいと言えるでしょう。

自分の口の中に人工物である入れ歯が入るので、合わないものが入ってしまったら弊害が起こります。咬み合わせをチェックすることで、患者様に本当に合う治療が分かります。

入れ歯の治療を進める際にも、咬み合わせ診査・診断をしたうえで、治療に取りかかることが重要と言えるでしょう。

「長く、よいものを使う」という視点から見る入れ歯治療

当院での入れ歯治療はドイツ式の入れ歯での対応となり、自費の治療となります。
自費での入れ歯治療をする場合、費用面を他の入れ歯や治療と比較すると高く感じられるかもしれません。

ただ、“安物買いの銭失い”と言われているように、費用を抑えたものはそれなりのものであり、日々の快適さや作り替えのリスク、引いては通院の手間などにも関わってきます。

患者様がどのような治療を選択されるか、またその判断項目の優先度はさまざまかと思いますが、当院では日々の生活に密接に関わり、長期的に患者様ご自身の健康を作り上げていくのが歯であり、お口の健康であると考えております。その点もご考慮いただいた上で、治療方法をご判断いただくのがいいのではないかと考えております。

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日
院長ブログ