金属床の入れ歯に使う金属は、どのように選べばいいですか?

金属床の入れ歯を作る場合、単に金属床といっても、実はさまざまな種類の金属を選択することが可能なことをご存じでしょうか?

金属の種類によっては、何度も作り直しが発生したり、一度直した後にも手間がかかってきてしまいますので、当院では各金属の特徴を知っていただいた上で、しっかりと検討されることをおすすめしております。

そこで今回の記事では金属床の種類、メリット・デメリットについてご紹介します。

金属床の種類とメリット、デメリット

入れ歯の金属床の金属の種類は、ゴールド、チタン、コバルトクロム、パラジウム合金などがあります。
それぞれの種類別のメリット、デメリットを紹介しましょう。

ゴールドの金属床

ゴールドは高価なアクセサリーなどに使われている貴金属です。長い期間使用しても変色が少なく、溶け出すこともほとんどありません。

硬さの中に柔らかさを備えているので、非常に耐久性があります。アレルギーも少なく、口腔内に使うにはとても優秀な材料です。

チタンの金属床

チタンは溶け出しにくく、アレルギーが起こりにくいので、インプラント体に使われていたりします。強さと軽さを備えています。

デメリットは他の金属より少し柔らかすぎて、たわんだりするので壊れることがあります。

コバルトクロムの金属床

コバルトクロムは強度がとても高く、少し柔らかさもあります。

デメリットは硬すぎて調整が難しいこと。貴金属やチタンに比べるとアレルギーを起こしやすいです。

パラジウムの金属床

パラジウム合金はメリットが何もないことが特徴です。

デメリットは硬すぎて歯を壊してしまうことや、金属が溶け出しやすくアレルギーを起こしたり歯肉に金属の色が染み付いたりします。日本は保険診療の関係でたくさん使われていますが、海外ではあまり使われていません。

当院がおすすめする入れ歯の金属床

金属床の質を重視される場合、おすすめの金属はゴールドで間違いないと思われます。

理由は耐久性に優れ、歯にやさしく、アレルギーが少ないことです。
長くお使いいただくことができ、作り替えも最小限におさえられます。

いいものを長く使いたい、とお考えの方はゴールドでの制作をご検討いただくとよいかと思います。

当院でもテレスコープシステムによる入れ歯治療の金属に、ゴールドを使用しています。
患者さんの体の一部として使う入れ歯は、設計や方法だけでなく材料にもこだわりを持って製作しています。

入れ歯の無料相談も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

⇒入れ歯の無料相談のお申し込みはこちら

⇒当院の入れ歯無料相談の詳細はこちら

神奈川県茅ヶ崎市 岩田歯科医院 岩田直之

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日