奥歯の部分入れ歯のおすすめはありますか?

年齢を重ねると奥歯から歯が抜けてしまう方が増えていきます。

その中で、「奥歯が抜けてしまったのですが、おすすめの治療方法はありますか?」と聞かれることが多いため、奥歯が抜けた際に検討すべき入れ歯治療についてご紹介したいと思います。

奥歯が持つ重要な役割

奥歯にはとても重要な役割があります。
ものを噛みつぶすだけではなく前歯、顎関節と連動して咬み合わせを行っています。
それぞれが良いバランスであれば良い咬み合わせであるといえます。

そこで、次のような方は注意が必要です。

・奥歯を失ってしまった、または失いそう
・症状では歯がすり減っている
・歯茎がやせていたる
・むし歯ではないのにしみたり、ぐらついている

などです。

奥歯がなぜ抜けてしまうのか

奥歯は噛む時に一番力がかかる歯と言えます。当然そのため抜けやすくなります。

また、奥歯は磨きにくいため、むし歯になりやすく、必然的に治療されることも増えます。
そのためしっかりした虫歯治療をされていればいいですが、虫歯治療が十分でなかったり、治療によって咬み合わせが崩れてしまうと余計に奥歯に負担がかかって、抜けたり、割れたりしてしまうことが多いのです。

虫歯治療後、咬み合わせがよくない場合は、まずは咬み合わせをチェックしてもらうのがよいでしょう。

奥歯が持つ役割をうまくこなせないと・・・

奥歯が抜けてしまっていたり、奥歯の役割をうまくこなせない入れ歯だとどうなるのでしょうか?

前歯や顎関節に負担がかかり、いずれ咬み合わせのバランスが崩れてきます。入れ歯を支える歯が順番に抜けていってしまったり、入れ歯がすぐに壊れてしまったり、定期的に入れ歯を作り替える必要が出てきます。

これ以上歯を抜きたくない方におすすめの入れ歯

これ以上歯を抜きたくない方へおすすめしたい治療法として、テレスコープシステムによる入れ歯治療があります。

テレスコープシステムの入れ歯は、残っている歯を守りながら使う入れ歯です。金属のバネを使わない設計なので、見た目にも優れています。口の中の状態の変化により作り直すのではなく、修理をしながら使える入れ歯なので長く使うことができます。

奥歯の部分入れ歯でおすすめは、テレスコープシステムの中のリーゲルテレスコープという種類の入れ歯があげられます。

リーゲルテレスコープは残っている歯を固定して利用し、歯の喪失を防ぎます。入れ歯をフィットさせるのにリーゲル(ドイツ語で閂)レバーという装置を使っています。

これは入れ歯に鍵があり、その開け閉めにより装着したり取り外したりするイメージです。リーゲルレバーは見えないところにあるので、審美的にも入れ歯っぽくありません。将来的に修理ができるような設計にできるので安心して使うことができます。

奥歯が抜けてしまってお悩みの方は、リーゲルテレスコープの入れ歯による治療もご検討いただくとよいかもしれません。

テレスコープシステムの入れ歯についてはこちらの記事で詳細をご紹介しております。
⇒テレスコープシステムという入れ歯の種類、メリット、費用は?

当院では入れ歯の無料相談を行っております。まず奥歯の治療についての話を聞いてみたい、という方もお気軽にご相談いただければと思います。

⇒入れ歯無料相談のお申し込みはこちら

⇒当院の入れ歯無料相談の詳細はこちら

神奈川県茅ヶ崎市 岩田歯科医院 岩田直之

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日