歯周病で歯が抜けてきてしまった場合、インプラントで対応できますか?

歯周病の進行の原因は?

歯周病の進行は

①細菌による場合
②咬み合わせによる力のバランスの悪さ
③①、②の両方

が原因で起こります。

歯周病になった口腔内をインプラントで治療するには

まずは歯周病に対する治療を行います。
歯についた歯石やプラークを除去し、患者さんにしっかりと口腔内のケアができるようにアドバイスをします。

口腔内の環境が整理されたらインプラント治療を行います。

その後は定期的なメンテナンスで口腔内をきれいな状態に保ち、歯周病の進行を防ぎます。

歯周病が根本的に治療できていない方やメンテナンスのできない方は、インプラントがダメになることも考えられます。

どのような処置でも、歯周病がどのくらい進行していて、自分の歯を何本残せるのかを見極めることが重要になります。

難症例として挙げられる歯周病の重症度が高い方(土台となる骨が少ない方)はインプラント治療をするために追加の処置(骨に厚みや幅を持たせる処置)が必要になります。

このような処置を行うと、術後の腫れや痛みが増します。

ですから、歯周病が重症化する前にインプラント治療を行いたいところです。

インプラント以外の治療方法は?

代表的な方法は入れ歯、ブリッジなどです。

入れ歯はさまざまな種類があり、費用も保険適用から自費の物までいろいろとあります。

ブリッジは抜けた歯の両隣りを削り、そこに被せ物をして抜けた部分(ダミーの歯を)と繋げて支える物です。

ブリッジは抜けた歯以外の両隣りに歯が残っていて、歯のない範囲が小さくないと対応できません。

インプラント以外の選択肢として、見た目のよいドイツ式入れ歯テレスコープ義歯を

もし、インプラント治療のできない方(外科処置は行いたくない方や持病の関係で手術のできない方など)にはオススメの治療法があります。

ドイツ式の部分入れ歯 テレスコープシステムによる入れ歯治療です。

外科手術が必要なく、入れ歯とはいえ見た目がきれいで、咬み合わせの問題も解決できます。

歯を削る必要はありますが、全体的なバランスを根本から治したい方にはオススメです。

また、仮に入れ歯を支える歯がダメになっても修理することで長く使えるのも特徴です。

テレスコープシステムの入れ歯の詳細はこちら

入れ歯に興味をお持ちの方は、ご質問やご不明な点などお気軽にご相談いただければと思います。

入れ歯無料相談のお申込みはこちらから

当院の無料相談の詳細はこちらから

神奈川県茅ヶ崎市 岩田歯科医院 院長 岩田直之

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日