部分入れ歯と総入れ歯で悩んでいます。どちらにしたらいいでしょうか?

歯が抜けてしまった患者様が来院された時に「部分入れ歯か総入れ歯どちらがいいでしょうか?」というご相談を受けるので、今回はその解説をします。

結論からお伝えすると、基本的には残っている歯を活かす方が良いです。

使える歯が1本でもあれば利用して部分入れ歯にするべき、ということなのですが、保険適用の部分入れ歯では効果的に利用できません。

保険適用の部分入れ歯をおすすめできない理由

保険適用の部分入れ歯をおすすめできないのは、ただ歯が抜けるのを先延ばしにするだけなためです。

なぜそうなるかというと、クラスプという金属のバネが歯にダメージを与え、結果的に歯を抜いてしまうからです。

ちゃんとした材料と設計なら良いのですが、普通の保険入れ歯の治療では、これはできません。

当院では歯を残し、かつ残っている歯にダメージを与えないテレスコープシステムによる部分入れ歯をおすすめしております。

⇒当院の部分入れ歯治療についてはこちら

歯科医師に総入れ歯をすすめられたら・・・

とはいえ「全部歯を抜いて総入れ歯にしましょう」と言う歯科医師もいるかもしれません。

咬み合わせのバランスを崩してもよいならあり得るかもしれませんが、それぞれのお口の中の状態は検査してみないと分かりません。

それに保険の総入れ歯については、その制作過程の中で咬み合わせの正確な基準点を把握しにくいです。

自費の総入れ歯を選択していただき、その制作過程の中で咬み合わせの診査を受けていただくことで最適な対応方法が分かるので、まずは咬合診断(咬み合わせの診査)をしてみることをおすすめします。

「1本しか残っていないので総入れ歯ですよね」という患者さんに「歯を残して使った方がいいですよ」とお伝えするパターンもあれば、部分入れ歯を考えていらっしゃる患者さんに「抜いたほうがいいですよ、歯を残すとこういうデメリットがあります」とお伝えして総入れ歯にするパターンもあります。

これらの方向性について当院は咬み合わせの診査をもとにして、治療のプレゼンテーションの際にお伝えさせていただきます。

咬み合わせの診査にご興味のある方はお気軽にご相談ください。

また、まず相談してみたいという方向けに無料相談の対応もしておりますのでお気軽にご相談ください。

⇒入れ歯無料相談のお申し込みはこちら

⇒入れ歯の無料相談についての詳細はこちら

神奈川県茅ヶ崎市 岩田歯科医院 岩田直之

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日