銀歯をセラミックにすることで得られる、見た目の美しさ以外のメリットとメンテナンスの重要性

いま現在の日本の保険診療では銀歯は一般的な治療方法です。

また、削って詰めておしまいという治療が当たり前で、痛くなるまで歯医者には行かない方がほとんどでした。

時代の流れで最近は審美の意識も高まり、銀歯の見た目が気になるから変えたいという方も増えています。

そしてメンテナンスの重要性が注目されてきました。

銀歯をセラミックに変えるメリット

銀歯をセラミックに変えることは実は見た目の部分以外にもメリットがあります。

メリット①:虫歯予防になる

銀歯ではせっかく治療したのに銀歯の下にまたすぐに虫歯をつくってしまいます。

静電気のようなものが発生してプラークや細菌などを集める性質が原因です。セルフケアやメンテナンスが非常に難しいです。

セラミックにすると静電気のようなものはなく、水分をはじくのでプラークコントロールが行いやすくメンテナンスに有利です。

メリット②:歯にかかる負担の軽減

銀歯では歯との境目に隙間ができたり削れたりして段差ができてしまいます。

材質が硬いので銀歯は削れずに歯だけが消耗していきます。再治療のたびに歯を削るので歯がどんどん細くなっていきます。

外れにくくするために削る範囲を虫歯の部分よりも多く削ったりするので、歯のダメージは大きくなります。

セラミックにすると銀歯に比べて歯にかかる負担が軽減されます。

セラミックは見た目も白く綺麗になりますが、歯の性質に近いので代用に適しています。

本来の歯の弾性や強度を再現しやすい材料と言えます。

メリット③:金属アレルギーのリスク予防

銀歯では金属アレルギーのリスク要因になります。口内炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬、接触性皮膚炎、掌膿胞症、湿疹、偽アトピー性皮膚炎などがあげられます。

必ずしも銀歯が原因ではありませんが、リスク要因の除去は頭に入れておく必要があると思います。

症例として皮膚科に通院して治療しても改善が見られない場合に、お口の中の金属が原因ということもありました。

セラミックにすると金属アレルギーのリスクは避けられます。

セラミックは生体親和性が高い材料なので他の材料に比べて安全です。

まとめ

虫歯は削って詰めるだけでは治りません。
虫歯になりにくい環境を整えてあげることが重要です。
それには適切な治療とメンテナンスが必要になります。

適切な治療とは精度の高い診断と処置方法で、歯に近い性質の生体親和性の高い材料を用いて再治療の機会が少ない治療のことです。

岩田歯科医院では予防の観点から銀歯をセラミックに移行することをおすすめしております

歯本来のエナメル質に近い素材で、審美的にも期待できるセラミック治療をぜひお試しください。

口元に自信が持てれば自然と笑顔が素敵になります。 

治療をするとしたら費用は1本5万円から10万円程度です。

1本からでも治療できますのでお気軽にご相談ください。

神奈川県茅ヶ崎市 岩田歯科医院 院長 岩田直之

歯のお悩み、まずは
お気軽にご相談ください

最善の治療を受けていただくためのお手助けをさせていただきます。

入れ歯 無料相談受付中
(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから

ご予約・無料相談(完全予約制)

0467-82-3627
メールでの無料相談はこちらから
診療時間
午前 9:00 - 13:00 / 午後 14:00 - 18:00
休診日
木曜午後 / 第2・第4木曜 / 日曜・祝日